同乗者の交通事故

  • HOME
  • 同乗者の交通事故

このようなお悩みはありませんか?

✓交通事故の同乗者が治療を受けれるのか
✓交通事故の同乗者だがむちうちの治療を受けたい
✓整骨院での交通事故治療の仕組みがわからない
✓むちうち、腰痛が交通事故でなり湿布が効かない

交通事故は流山おおたかの森トータル整骨院へ お任せください!

交通事故の同乗者 | 流山おおたかの森トータル整骨院

交通事故の同乗者は主に3パターンがあります。

①同乗した車の相手車両に100%過失がある

自分が乗っている車からみて相手側の車が交通事故 の過失割合が100%だった場合は相手側の自賠責保険を使って整形外科や流山おおたかの森トータル整骨院で交通事故治療・通院を行っていくこととなります。さらに、賠償請求も相手車両の運転手となります。

②同乗した車の運転手に100%過失がある

自分が乗っている車の運転手に交通事故の過失割合が100%だった場合は同乗した車の運転手の自賠責保険を使い整形外科や流山おおたかの森トータル整骨院で交通事故治療・通院を行っていくこととなります。また、賠償請求も同乗された車両の運転手となります。

③同乗した車の運転手と、相手車両の運転手両方に過失がある

この場合は交通事故の過失割合が大きい方の運転手の自賠責保険を使って交通事故治療を行っていきます。 賠償請求は自分が乗っていた車の運転手と、相手車両の運転手2名となります。しかし、金額が2倍になるということではないので間違えないように。どちらも自賠責保険適用となった場合には交通事故治療の窓口費用はかからず交通事故治療を行うことができます。

運転手は交通事故の瞬間、衝撃に対して身構えることが出来ますが、同乗者の場合は、交通事故を察知することが難しく、身構えれず交通事故に 遭うことが多いです。 そうすると交通事故の衝撃も大きく首のむちうちや腰痛、頭痛はもちろん後から後遺症が出てくる可能性が高いです。このような症状は 流山おおたかの森トータル整骨院にも交通事故 患者様としてたくさんご来院いただいておりますので当整骨院で治療(整体)が可能です。

交通事故のご相談は流山おおたかの森トータル整骨院へ

交通事故に遭われてしまった方が、むちうちや 腰痛、頭痛などの症状を感じ病院(整形外科) で検査を受けても、その結果「異常なし」と 診断されることはよくあることです。 むちうちや腰痛、頭痛などの症状があるのに どこに行けばいいのかわからないとお悩みの方は 流山おおたかの森トータル整骨院へご相談下さい。

流山おおたかの森トータル整骨院では、交通事故によるむちうちや腰痛、頭痛などの症状を交通事故治療 (整体)で根本治療することを目的とした整骨院です。同時に交通事故に関する経験豊富なスタッフも 勤務しております。 交通事故治療(整体)をはじめ、交通事故後に関わる 保険関係の対応もお任せください。流山おおたかの森 トータル整骨院は整形外科とも連携しているため、 患者様は安心して交通事故治療に専念していただけます。流山おおたかの森トータル整骨院では交通事故に よる無料相談も随時行っておりますのでお気軽に お問い合わせください。