歩行者の交通事故

  • HOME
  • 歩行者の交通事故

このようなお悩みはありませんか?

✓歩行中に交通事故に遭ってしまった
✓交通事故治療で整体を受けたい
✓整骨院での交通事故治療の仕組みがわからない
✓むちうち、腰痛に交通事故でなり湿布が効かない

交通事故は流山おおたかの森トータル整骨院へ お任せください!

歩行者の交通事故 | 流山おおたかの森トータル整骨院

歩行者側の交通事故は、体に車体が直接接触する交通事故の為、衝突時の衝撃が当然大きくなります。 なので、車体との接触による打撲や転倒し 受け身をとる際に手首や足首の捻挫、骨折などの可能性も高くなります。他には背骨に強い 衝撃が加わることで首のむちうちや腰痛などの症状が流山おおたかの森トータル整骨院に いらっしゃる交通事故患者様には多いです。 このように車との交通事故の衝撃によって 負ったけがは専門的な治療(整体)、 検査が重要です。 早期に交通事故治療(整体)を行うことにより早期治癒や後遺症の予防にもつながります。

また、歩行中の交通事故の場合、自賠責保険を利用し流山おおたかの森トータル整骨院では 窓口費用は負担なく交通事故治療(整体)を 受けられる事が多いです。 自賠責保険を利用する場合は、 早めの整形外科での検査が必要となります。 流山おおたかの森トータル整骨院や整形外科への通院方法や、保険会社とのやり取りなどで 困っている方がいましたら、流山おおたかの森トータル整骨院までお気軽にご相談ください。

歩行者交通事故を放置すると | 流山おおたかの森トータル整骨院

交通事故による捻挫や骨折、むちうち、腰痛などの症状を交通事故治療を受けずに放置すると、症状が改善されなかったり、慢性的に関節の可動域が低下し動かなくなることもあります。 また、むちうちや腰痛は適切な交通事故治療(整体)をせずに、放置していくと症状がさらに悪化してしまい頭痛や椎間板ヘルニア骨の変形などの後遺症に 発展してしまうおそれがあります。

長期間放置し続けてしまうと、首や腰痛などの症状も慢性化し治りづらく実費で治療を延長 することにもなりかねません。 なので適切な交通事故治療(整体)や整形外科での検査早期に受けることが重要です。 流山おおたかの森トータル整骨院では、歩行中の交通事故の交通事故治療(整体)実績が多数あります。歩行中の交通事故で捻挫、打撲、 むちうち、腰痛、頭痛などでお悩みの方は お気軽に流山おおたかの森トータル整骨院までご相談ください。

歩行者交通事故の治療 | 流山おおたかの森トータル整骨院

流山おおたかの森トータル整骨院のむちうち交通事故 治療(整体) はボキボキといった無理に動かすような整体や強い 痛みが伴うような整体は致しません。 その都度力加減などをお聞きしながらもみ返しなどが 極力出ないように治療いたします。かといって優しすぎるわけではなく無理のない範囲で患者様ひとり ひとりに合った 回復に必要な刺激量をかけていきます。 特に交通事故治療(整体)は続けて通って いただき治療する ことがある為、治療が連日になっても体に負担の無い 整体となっております。 他にも用途に応じて治療機器もあるので交通事故 患者様の状態によって治療・整体可能です。