腰痛(腰部捻挫)

  • HOME
  • 腰痛(腰部捻挫)

このようなお悩みはありませんか?

✓交通事故に遭いその後から腰痛がある
✓交通事故後から長時間座るのが辛くなってしまった
✓整骨院や整形外科に交通事故後に通院できていない
✓交通事故で腰を強打した

交通事故は流山おおたかの森トータル整骨院へ お任せください!

交通事故後の腰痛 | 流山おおたかの森トータル整骨院

交通事故後の腰痛では日常生活で引き起こされる腰痛とは違い 交通事故の衝撃により大きな負荷がかかってしまいます。 交通事故による大きな衝撃を受けてしまうと 筋肉が防御反応で固まり筋緊張が強い状態に なってしまいます。腰痛が発症し放置してしまう と慢性腰痛になり後遺症が残ってしまう 可能性があります。そのままさらに何もしなかった 場合、下肢のしびれ、血流障害、強い痛みが出現し 痛みや痺れを伴う坐骨神経痛の症状を呈して 悪化してしまい最終的には椎間板ヘルニアや 腰椎などの背骨の疾患に発展してしまいます。

流山おおたかの森トータル整骨院でも早期の交通事故治療(整体)は痛み、痺れの軽減、後遺症を予防することが大切だと考えております。 整形外科でのレントゲン、MRIでは筋肉や神経の 痛みはわかりにくく湿布や痛み止めで治療すること が多く、慢性腰痛になりやすいことが多いです。 慢性腰痛は一度出てしまうと痛みや痺れなどの症状が 長期化されることが予想されます。

腰痛を放置すると | 流山おおたかの森トータル整骨院

流山おおたかの森トータル整骨院にご来院されている患者様の中でも腰痛に悩む方は大変多いです。交通事故以外でも腰痛の原因を知りたくて、整形外科でレントゲンやMRIなどの画像診断を行いますが「異常なし」と言われた方は多いと思います。 レントゲン等の精密検査をされた方で整形外科の先生から言われたた診断名は下記のような事例多いかと思われます。 ・腰椎椎間板 ・変形性腰椎症 ・腰部脊柱管狭窄症 ・腰椎圧迫骨折 ・腰椎椎間板ヘルニア ・腰椎すべり症 ・腰椎分離症 ・側弯症 整形外科のレントゲンやMRI等の画像診断に異常があった場合、骨や軟骨変性は解りやすいですが神経の痛みや炎症、筋肉の症状などは見た目ではわかりにくく異常なしと言われるケースがあります。 交通事故による強い衝撃により痛める腰部捻挫はしっかり治療しなければ後遺症が残りやすいので注意が必要です。

流山おおたかの森トータル整骨院の腰痛治療

流山おおたかの森トータル整骨院のむちうち交通事故治療 (整体)はボキボキといった無理に動かすような整体や 強い痛みが伴うような整体は致しません。 その都度力加減などをお聞きしながらもみ返しなどが 極力出ないように治療いたします。かといって優しすぎる わけではなく無理のない範囲で患者様ひとりひとりに合った 回復に必要な刺激量をかけていきます。 特に交通事故治療(整体)は続けて通っていただき治療する ことがある為、治療が連日にになっても体に負担の無い 整体となっております。 他にも用途に応じて治療機器もあるので交通事故患者様の 状態によって治療・整体可能です。